FC2ブログ
FPGA/CPLD情報サイト「ALT-VISTA(アルト・ヴィスタ)」を覗いてきました。
ええと、率直な感想を言わせていただきますと、ALTERAFPGAといった言葉が並んでいて、私の理解力では頭がはてなでいっぱいになってしまう始末でした……。自分なりに読みとれたこととしては、なにか半導体チップやそういう高い技術を活用した事業システムを提供するサービスなのかな、といった感じなのですが、当たっているでしょうか……うう、ちがっていたらどうしよう。かなり難解です。こういった知識を持っている人にとっては難しいことではないのでしょうが、慣れない言葉が並んでいると頭がグルグルとしてきます。ビギナーズ用のカタログもあるみたいですが、これでも私の理解力だと難しそうorz

サイト内にある社長さんのコラム「社長の今日も“野毛”」は、そういった高度な話からは離れて、横浜にある街のひとつ「野毛」について書かれた、普通によくあるお話だったのでほっと一安心。こういったとっつきやすいコラムがあると気持ちが和らぎました。
野毛は昭和30年代の郷愁が漂っている街だそうで、そこに通う人たちを「野毛ラー」というのだそうです。なんと、そんな言葉があるのですか(笑) 昔の古き良き日本といった空気なのでしょうか。私もそうした落ち着いた雰囲気のほうが、オシャレな最先端バーといった場所より好きです。
サイトのほうにある難しい言葉やビジネスの情報もこういう風にやわらかく説明されていたら理解できるかな、などと思ってしまいましたが、こうした高度なシステムで取引される高度な知識の集積といったもので、日本の高い技術力や高品質サービスは成り立っているのでしょうね。

※BloMotion・キャンペーン参加記事
2007.04.20 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
LANDISK Homeは、大容量のネットワークHDDというものらしいです。
サイトを覗いてみると、パソコンにつなぐのは当然として、テレビにも繋いだり、あるいはデジカメや音楽データを保存しておけるネットワークディスクなのだそうです。

たしかに、パソコンを使っていると「もっとハーディディスクの容量が欲しい!」と叫びたくなる時があります。大容量高速回線が整備されて、画像や音楽データが当たり前に流通するようになった昨今では、ダウンロードした大容量データは溜まっていく一方です。HDDの容量が許容量を迎えるとどのデータを消そうかとか足りなくなった容量をどうやってまかなおうかといった余計なことで頭を使わなければならなくなってしまい、こんなことに悩まされることすらわずらわしくなってしまい全部投げ出したくなってしまいます。最期にはとうとうパソコンなんていらないと窓から投げ捨てたくなってしまう衝動にかられることもしばしば。そんな思いをしてまでストレスを溜めるくらいなら、一から大容量のHDDを備えておけば悩まされることは無いんですよね。
せっかくインターネットでコンテンツが充実し始めてきても、それを保存できないなら意味がありません。ストレスなく快適にインターネットを楽しみたいなら大容量HDDは今後必須になってくるかもしれません。

※BloMotion・キャンペーン参加記事
2007.04.20 Fri l 雑記 l COM(0) TB(1) l top ▲
「Home PLAZA」は新築分譲マンション・一戸建て購入情報についてのサイトです。

一戸建てからマンションまで、不動産に関する情報が全国から幅広く取り揃えられているといった感じがしますね。
こういった不動産情報のサイトはいくつもありますが、それぞれで抱えている物件や値段・土地の条件などが異なると思いますから、webサイトから実際の不動産まで、いくつもの情報を比較することでよりお得で希望に沿った物件を探し当てられると思います。
住宅というのは、もしかしたら一生住み続けることになるかもしれない住処になるかもしれません。一時の場所だとしても、そこで人生の一定期間を過ごしていくのですから、その時間の分だけ思い出になっていくはず。積み重ねていく思い出を共に感じていく場所になります。ですから、出来れば細心の注意を払ってしっかりとその質を見定めたいものです。

※BloMotion・キャンペーン参加記事
2007.04.20 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
金やプラチナを買い取ってくれるサイトがあります。
株式会社ドリームファクトリーの金・プラチナ・貴金属の買取専門サイトでは、貴金属 買取を行っているそうで、プラチナや金 買取をしてくれるとのこと。
こういうサイトが運営されているということは、金やプラチナなど貴金属を持っていて、なおかつそれをお金に替えたいという人はそれなりにいるということなんでしょうね。そういう需要を持った人たちがいないと商売として成り立っていないはずですからね。想像するに、金やプラチナの貴金属を使った装飾品に縁のある生活をしていたのだけれど、ある日それをお金に替えたいような事情が発生した方々といったところでしょうか。お金が緊急で必要になるという場面はそれなりにけっこうあると思うので、こういったビジネスも生まれるのかもしれません。
もしも貴金属をお金に替えたい方がいらっしゃるならサイトをチェックされてみてはいかがでしょうか。

※BloMotion・キャンペーン参加記事
2007.04.20 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲